• JTM株式会社

玉蟲邸 カバールーフ


【カバールーフ施工】


・元々の不備箇所


屋根材の劣化による、ひび割れ等



・そこから予想される恐れ


板金の落下等、近隣の住宅や車等にあたる恐れ

屋根材の劣化から、割れや水の浸透で雨漏りにつながる恐れ



・軽い屋根材のため、地震に強く風にも強い屋根材を使用することにより、

住宅の寿命を伸ばすことができます。

屋根に雨が侵入してしまうと、外壁や屋根裏、内装など、さまざまな箇所に不備が生じてきます。

このタイミングで屋根材を新設したことにより、この住宅の寿命がグッと伸びました。




閲覧数:17回

最新記事

すべて表示