• JTM株式会社

文京区 伊藤様邸 カバールーフ




カバールーフ施工


・元々の不備箇所

釘の抜けからの板金の浮き、屋根材の劣化による、ひび割れ等


・そこから予想される恐れ

板金の落下等、近隣の住宅や車等にあたる恐れ

屋根材の劣化から、割れや水の浸透で雨漏りにつながる恐れ


・元々の屋根を生かし、上に防水シートをはり、アスファルトシングル材の屋根をはって行きます。

瓦処分代等もかからないため、葺き替えを行うよりも、カバー工法で施工した方が、金額もリーズナブルにお客様に提供できるメリットがあります。




閲覧数:24回

最新記事

すべて表示